LCL Engineers' Blog

夜行バス比較なび・格安移動・高速バス比較を運営する 株式会社LCL開発者のブログ

ES5からWebpack管理下の関数を呼び出す方法

フロントエンドエンジニアの岡田です。 先日ご報告したとおり、LCLが運営する「夜行バス比較なび」では、jQueryで作られたサイトをReactへ置き換えています。 techblog.lclco.com

記事を書いた後も細々と置き換えを進めていますが、ページ単位での置き換えは、それなりにまとまった時間が取れないと進められません。 しかしSPAのように複数のjsがあるページでは、その時間が取れず、なかなか置き換えが進められませんでした。

そこで、LCLではもっと小さい単位で置き換える方法を試してみました。
手順は以下のとおりです。

  1. 既存の関数(ES5)を、ES2015へ変換してWebpack管理下のディレクトリへ移動
  2. 移動した関数をグローバル関数へ変更
  3. 既存のjsからグローバル関数を呼び出し

この方法を使うと、関数単位で置き換えが可能です。

ES2015への変換ツール

変換にはlebabを使いました。 lebab.io

具体的な方法

既存の関数(ES5)をlebabでES2015へ変換

// 変換後の関数
const hogehoge = () => {
};

移動した関数をグローバル関数へ変更

window.grobalHogehoge = hogehoge;

既存のjsからグローバル関数を呼び出し

// グローバルに露出している関数を呼び出し
window.grobalHogehoge();

グローバルに露出させるのであまりよくないかもしれませんが、あくまでも移行中の一つの手段としては使えます。この方法で関数をES2015化して、最後にきれいにReactへ置き換えたいと思います。