LCL Engineers' Blog

バス比較なび・格安移動・バスとりっぷを運営する LCLの開発者ブログです。

rack-corsでCORS設定をする

Webエンジニアの森脇です。rack-corsを利用して、RailsでCORSの設定をしてみました。

github.com

rack-corsの基本的な使い方

gemを追加して、cors.rbファイルに下記のように記載します。 originsに許可したいアクセス元のoriginを定義します。

Rails.application.config.middleware.insert_before 0, Rack::Cors do
  allow do
    origins 'localhost:3000'          
    resource '*',
      headers: :any,
      methods: [:get, :post, :put, :patch, :delete, :options, :head],
  end
end

複数のOriginを許可する

複数のOriginを許可するには、以下のようにoriginsに併記します。

Rails.application.config.middleware.insert_before 0, Rack::Cors do
  allow do
    origins 'localhost:3000' , 'localhost:8080'
    resource '*',
      headers: :any,
      methods: [:get, :post, :put, :patch, :delete, :options, :head]
  end
end

正規表現も利用できるため、「*.example.com」というようにサブドメインを許可するような指定も可能です。

Rails.application.config.middleware.insert_before 0, Rack::Cors do
  allow do
    origins /\Ahttps:\/\/.*.example.com\z/
            
    resource '*',
      headers: :any,
      methods: [:get, :post, :put, :patch, :delete, :options, :head]
  end
end

Cookieを利用する場合

Cookieを利用する場合は、「credentials: true」を追記します。

Rails.application.config.middleware.insert_before 0, Rack::Cors do
  allow do
    origins 'localhost:3000'
    resource '*',
      headers: :any,
      methods: [:get, :post, :put, :patch, :delete, :options, :head],
      credentials: true
  end
end