LCL Engineers' Blog

夜行バス比較なび・格安移動・高速バス比較を運営する 株式会社LCL開発者のブログ

Bitrise + GradleでAndroidアプリのCI環境構築

弊社では、Bitriseを利用してAndroidアプリのCI環境を構築しています。まだまだBitriseを利用している事例は少ないので、簡単にご紹介いたします。

なお、Bitriseを利用したiOSアプリのCI環境構築については、以下の記事で紹介しています。 techblog.lclco.com

前提条件

  • Gradle(gradlew)でビルドができること

初期設定

まずは、新規作成〜ビルド(apkの作成)までの手順を紹介いたします。

アプリの作成

Bitriseでは、まずビルド等の対象アプリを登録する必要があります。 [Add new app] をクリックすると、ウィザード画面が表示されます。

f:id:lcl-engineer:20161127155850p:plain

以下のマニュアルに沿って、進めればよいので詳細は割愛します。

Creating your first App on Bitrise · Bitrise

Workflowの作成

アプリ作成後のWorkflowはデフォルトでは、このような状態になっています。この時点で、ビルドに必要な基本的な流れは網羅しています。

f:id:lcl-engineer:20161127162140p:plain

Gradleで実行するタスクは、以下の箇所で設定します。

f:id:lcl-engineer:20161127162343p:plain

上記のテキストボックスにタスクを直接入力してもよいですが、GRADLE_TASKという環境変数に設定することもできます。

f:id:lcl-engineer:20161127162813p:plain

環境変数の設定画面で、ビルドタスクを入力します。複数のビルドを実行する場合は、半角スペースで区切りで入力します。

f:id:lcl-engineer:20161127162925p:plain

ビルドする

以上で設定は完了で、あとは[Start a build] ボタンでビルドが行えます。

f:id:lcl-engineer:20161127163227p:plain

BitriseでSigned APKを作成する

keystoreファイルをBitrise上に登録することで、リポジトリにkeystoreファイルを保存することなく、Signed APKを作成できます。

keystoreファイルの登録

Workflowの[Code signing & Files]メニューから、ファイルをアップロードします。

f:id:lcl-engineer:20161127164313p:plain

ファイルをアップロードするとパスワード等の情報の入力画面になります。 必要な情報を入力し、[Save metadata]で保存します。

f:id:lcl-engineer:20161127165232p:plain

この画面で登録した情報は、各項目に記載されている環境変数( $BITRISED_ANDROID_XXX)でアクセスできます。

File Downloader Stepの追加

Bitrise上に登録したkeystoreファイルは、ビルド時にダウンロードが必要です。その為に、File Downloaderというステップを追加します。

今回は、Git Clone の Stepの後に追加します。(Gradle の実行前ならどの場所でも良いはずです)

f:id:lcl-engineer:20161127170245p:plain

f:id:lcl-engineer:20161127170059p:plain

続いて、 File Downloader Stepへ変数を設定します。

  • Download source url には、 $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL を設定
  • Download destination pathには、任意パスを設定(ここでは、$HOME/keystores/release.jks を設定)

f:id:lcl-engineer:20161127170431p:plain

build.gradleの編集

Bitrise上で登録したkeystoreを利用するように、signingConfigsを書き換えます。

signingConfigs {
    release {
        keyAlias System.getenv("BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_ALIAS")
        keyPassword System.getenv("BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_PRIVATE_KEY_PASSWORD")
        storeFile file(System.getenv("HOME") + "/keystores/release.jks") // File Downloaderで指定したパス
        storePassword System.getenv("BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_PASSWORD")
    }
}

以上で完了です。Gradleでリリースビルドを行うと、Signed APKが生成できます。

まとめ

Bitriseを使えば、単純なビルド環境だけならすぐに用意できます。無料プランもありますので、CI環境未構築の方は、最初のステップとして是非利用してみてください。